冷蔵庫 運搬 安い

冷蔵庫の配達料金を安くする簡単な方法

冷蔵庫 引越し 見積もり

冷蔵庫 引越し 相場

冷蔵庫 引越し 最安値

冷蔵庫 引越し 格安

 

 

大きな冷蔵庫、持ち上げてみたことはありますか?
大型の冷蔵庫は約100sあるそうなので、1人で持ち上げることはほとんど不可能です。
下に毛布を滑り込ませて引きずる方法もありますが、段差があるとこの方法も使えません。

 

冷蔵庫の配達は引越し業者にお任せしましょう。
配達料金を安くしたいなら、引越し業者一括見積もりがおすすめです。

 

冷蔵庫 引越し 安い

 

 

引越し業者は冷蔵庫などの大きな家財だけを運んでもらうことが出来ます。
1度の情報入力でお住いの地域にある複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

 

同じ条件なら安い業者がいい!という方も、やっぱり信頼のおける大手引越し業者がいい!という方もいます。
どの条件で選ぶかはあなた次第です。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越し 手順

 

宅配業者や郵便局に依頼する荷物の配送料金は、どの時期でも同じ金額です。
同じ荷物を同じ距離運ぶ場合に、値段が変わるなんてことはありません。

 

すごく当たり前に感じますが、引越し業者は事情が違います。
引越し業者は同じ量の荷物を同じ距離運んでも、運ぶ時期によって配送料金が違うのです。

 

これは冷蔵庫だけ、タンスだけといった単品の配送でも同じです。

 

なぜなら引越し業者には繁忙期があるからです。
繁忙期は1年で最も引越し業者が忙しい時期で、日本全国どこの引越し業者も予約すら受付できない日があるほど大忙しです。
そして繁忙期は3月前後です。

 

3月がなぜ繁忙期になるのかというと、4月からの新学期の準備のために新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むからです。
また日本では春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンやその家族の引越し、単身赴任の引越しもあります。

 

ここに通常の引越しが加わりますから、引越し業者はてんやわんやなのです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることがとても多く、手順を知らないまま動くと無駄な動きが多くなって大変疲れます。
ぜひ大まかな手順を確認しておいてください。

 

早く引越し業者への見積もりを取ってしまいたいところですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえないことが多いです。
まずは新居を決めて、その後すぐに見積もりを依頼しましょう。
見積もりを取って満足せず、一番条件の良い業者と契約までしておいてくださいね。

 

さて荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。
粗大ごみがある場合は有料で回収に来てもらうか、自分で持って行って廃棄しましょう。

 

引越し2週間前から役所に転出届を出すことが出来ます。これは市外へ引越しする場合に必要です。
出し忘れると面倒なことになりますから、お忘れなく。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に連絡し、引越しの旨を伝えて日割りで精算する手配をしてもらいます。
もし市内引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道の手配ができますから、引越し日からは新居でも使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。
これで1年間は郵便物を転送してくれます。その間いろいろな人に引越ししたことを伝えましょう。

 

さていよいよ引越し当日ですが、自分で運ばなければならない荷物が多少あります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは引越し業者は運べませんので、自分で運びましょう。
そして家具の配置はあらかじめ決めておき、先に引越しスタッフに指示書を渡しておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの会社への住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりします。

 

 

冷蔵庫をレンタカーで運ぶ

 

引越し レンタカー

 

レンタカーのトラックを借りて、冷蔵庫を自分で運べば運搬費用が安くなるのでは?
誰だって一度は頭をよぎるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょう?

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満です。つまり1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
そしてこれらのトラックの荷台サイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

冷蔵庫のほかに運ぶものがないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
他に運ぶ荷物の量によってトラックの大きさは決められます。

 

トラックのレンタル費用は、どのトラックもだいたい1日7000円程度から借りることができます。
この他に使った分のガソリン代も必要です。

 

ここで問題となるのが運ぶ距離です。
遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、もしかしたら家財便のほうが安上がりかもしれません。

 

もちろん借りた営業所と違う営業所にトラックを返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

トラックをレンタルしてタンスを運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。

 

 

引越しと周波数

 

冷蔵庫 引越し 周波数

 

家電は電源が50ヘルツの時と60ヘルツの時で、1そのまま使えるもの・2使えるが性能が変わるもの・3そのままでは使えないものに分けられます。

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

引越しと周波数

 

日本の家電は電源が50ヘルツの時と60ヘルツの時で、1そのまま使えるもの・2使えるが性能が変わるもの・3そのままでは使えないものに分けられます。

 

なぜこんなことをわざわざ書くかといいますと、日本では電源周波数が50ヘルツの地域と60ヘルツの地域があるからです。
世界的にも珍しいことなのだそうです。

 

どんな家電が使えなくなるのでしょう?

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

これを見ると、モーターが内臓されている家電は影響を受けやすいことがわかります。

 

静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。
こんなにややこしいことになった理由は、明治時代に東京ではドイツ製の発電機、大阪ではアメリカ製の発電機を輸入したからなのだそうです。

 

しかしその時の影響が未だに続いているなんて、なんとも驚きですね。

 

引越しでこの境界線を超えると家電が動かない場合があります。しかし壊れたわけではありません。
電気メーカーもインバーター内臓の家電の開発など、どちらの電源周波数でも使えるように企業努力をしています。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分

 

引越し 粗大ゴミ

 

冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど大型家電の寿命はだいたい10年前後と言われます。
10年もすると新しい機種に代わり、電気代も安い良い商品に変わるということもあります。

 

もし引越しの際に大型家電の買い替えを検討しているなら、古い家電の処分についても知っておきましょう。
まず家電リサイクル法で定められた家電の処分方法です。

 

家電リサイクル法で定められている家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店、もしくは買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

リサイクル料は家電によって異なりますが、1000〜5000円くらいです。
このほかにも家まで回収に来てもらう場合は回収費もかかります。

 

買い替えを検討していない、買ったお店がすでに閉店している、一度引越しをしたので買ったお店がもう近くない場合などは、お住いの自治体のクリーンセンターに相談してみましょう。

 

これらは適切に処分されないと不法投棄、不適切処理、ずさんな処理による火災など問題となります。

 

引越しの際は、他にも不要品がたくさん出ますね。

 

大きさが一辺でも50センチ以上あるもの、重さが10kgを超えるものは粗大ゴミです。またガスコンロ、オーブンレンジ・石油ファンヒーター・石油ストーブも粗大ゴミです。

 

他の粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法は1回収に来てもらう(有料)、2自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

1の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をかけて、回収日を予約します。
次にスーパーやコンビニで粗大ゴミシールを貰います。シールは回収手数料で、粗大ゴミの種類によって値段が違います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれる仕組みです。
粗大ゴミシールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

2の自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を言わなければいけませんので、先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

施設についたら身分証の提示後に車の重さを計量して粗大ゴミを廃棄、もう一度車の重さを計量して粗大ゴミの量を計算します。
100kgを超えた場合、数百円程度の手数料がかかります。

 

 

冷蔵庫を運ぶ方法は?

 

冷蔵庫を配送したい。
業者に依頼するとどうやって運ぶのか知っていますか?

 

冷蔵庫を運ぶにはまず、中身を全部出して電源を抜き、霜を溶かして水を捨てる必要があります。
できるだけ軽くした状態で運びますが、簡単には動きません。

 

冷蔵庫が傷つかないように梱包します。

 

引越し業者は冷蔵庫専用の台車を持っていて、比較的簡単に運べますが、台車の使えない飛び石の玄関などの場合はやはり数人で持ち上げて運びます。
玄関がせまくて運び出せないときや2階へ運ぶときは、ベランダから吊り上げたりもします。
あらゆる場合に対応して冷蔵庫を運んでくれますよ。